ecomam

event ecomam エコマムとは

H・A・P・P・Y発信中!

プチエコ

子供と一緒に出来る、
エコへの取り組みを紹介していきます。

エコクッキング(缶詰編)

家計を守るママたちにとって、節約は大切なエコ。

先日FBSめんたいワイドで放送された、エコクッキングの企画の裏には、実はこんなエコが隠れていました。

エコクッキングのアイディアがあったら、取材させてください。というお問い合わせに、缶詰を使わせていただけたら!ということで、サバ缶のハンバーグのレシピをご紹介いたしました。

なぜサバ缶かといいますと、今から数か月前、長浜の魚市場にある、福水商事さんという仲卸の会社の社長さんに伺ったお話がきっかけです。

福水商事の田中社長曰く、日本人の魚離れに活用できるのが、魚の缶詰。

たまたま私も逆流リサーチという番組で、缶詰の安全性についてたくさんの事をしったばかりでした。

魚の缶詰を作るためには、とっても厳しい検査があります。

 

・缶詰の中が化学変化を起こさないように、化学調味料は使えないという事。

・新鮮な魚で形もキレイでないとつかえないということ。

 

魚料理の一番面倒な下処理がすでにしてあって、新鮮で安全、そして骨ごと食べられる。

というのが、魚の缶詰の素晴らしいところです。

これから先、エネルギー問題などの危機管理的な観点で見ても、食料自給率をあげるということ、そして、資源を無駄なく食べる事ができて、長期保存が可能で、しかも便利という缶詰の魚を使わない手はありません。

魚の生臭さや、ぼそぼそとした触感さえ解決できれば、子どもも喜んで食べてくれるのでは?ということで、サバ缶でハンバーグを作ってみました。

家族中に大好評だったこのレシピ!テレビのレポーターさんも驚きの声をあげていましたよ♪

o0800106710464149530.jpg

【材料】(4人前)

サバ缶(味付け)・・・1缶
高野豆腐・・・2個
残りゴハン・・・お茶碗一杯弱
パン粉・・・大さじ4
牛乳・・・大さじ4
たまご・・・1個
玉ねぎ・・・1個
バター・・・適量
しお・ブラックペッパー・・・少々

 

 

 

 

 

 

【作り方】
1. パン粉を牛乳に浸しておく。
2. 玉ねぎはみじん切りをして、バターで炒める。
3. 高野豆腐は半分をすりおろし、残りをだしで戻してみじん切り。
4. サバ缶と残りご飯をボールですりつぶすように混ぜる。
5. 粘り気が出てきたら、1?3+たまごを入れ混ぜる。
6. 材料を4等分して、楕円形に成形する。
7. フライパンに油を多めにしき、中火でこんがりと両面を焼く
8. お好みのソースをかけて出来上がり。


材料を見ると、ちょっと不安なレシピだと思いますが、
これが本当に癖になる美味しさなんです♪
ゴハンってどうなのー?って思うかもしれませんが、
サバの生臭さを解消するとともに、モサモサするお魚の触感を弾力のある
歯ごたえにしてくれるんですよ!!

エコで体にも美味しいサバ缶ハンバーグ。
ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいねー!!

Copyright(C) 2006-2010 ecomam All rights reserved.